逓増定期保険も入っているおすすめ節税対策ランキング
ロゴ

逓増定期保険などの企業向け生命保険で節税しよう

保険での節税対策と自宅を社宅にする節税対策の利点を比較

法人だからこそできる節税がある

自宅を社宅とすることで、法人の社宅契約を行うことができ、法人だからこそできる節税対策が行えるようになります。個人事業主であると業務使用部分を経費にできますが、法人で社宅にすると8割以上を経費とすることができます。

借入金の利息を会社費用に落とせる

自宅を社宅にした場合に、建物にまだローンが残っている状態であると、借入者は会社となります。そのため、ローンに発生する利息を会社の費用として落とすことが可能となります。また、購入時の登記費用や不動産取得税も費用として落とせます。

会社経営者が選ぶ節税対策ランキング

no.1

高価な買い物をする事による節税対策

会社名義で高級な乗り物を経費にて購入することで、節税対策をする経営者も多いです。高級な乗り物としては、高級自動車やクルーザーなどが挙げられます。その他にも、鉄道での移動の際に、高価なグリーン車を利用することで節税につなげている会社もあります。

no.2

法人保険や共済や年金を利用した節税対策

逓増定期保険や逆養老保険を利用する事で節税につなげている会社経営者もいます。特に決算直前の節税貸借や企業経営者の資金確保の手段として、企業向けの生命保険は有効な手段と言えます。また、共済会の加入により、節税対策となることもあります。

no.3

福利厚生費や交際費を利用した節税対策

福利厚生施設を充実させ、その建設費やフィットネスクラブの運営費用などを経費とすることにより節税につなげる経営者も多いです。中には、社内ゴルフコンペの費用を福利厚生費で落とすことで節税につなげている経営者もいます。更に、社員旅行の費用を福利厚生費にて落とす手段もあります。

no.4

国の制度や決まり事を生かした節税対策

決算賞与を導入することで節税を行えます。業績連動賞与である「決算賞与」を導入することで社員のモチベーションも上がるという2次的な効果も得られます。また、災害地などに義援金や支援金を送ることで、節税につなげている経営者もいます。

no.5

生前贈与を活用した相続税の節税対策

日本では相続税の増税が進められている状況を受け、生きている間に遺産相続を済ませてしまい、税金が遺作を刷る人も増えています。また、100万円未満で購入した美術品等は原則として減価償却資産となるため、高級時計などを購入することで節税する人もいます。

逓増定期保険も入っているおすすめ節税対策ランキング

ウーマン

退職金代わりにもなる

節税方法の中の一つにもなっている、逓増定期保険は、契約してから保険期間満了になるまでに保険金額が契約時の金額から5倍まで増加する定期保険です。50歳の時に5000万円で加入したとしても、70歳になった時に解約すると、最高2億5000万円の解約返戻金が受け取れます。そのため退職金代わりにもなります。

保険の目的を理解した上で申し込もう

逓増定期保険を利用する上で、この保険の利用目的をしっかりと理解して申し込むことが大切です。法人で加入できる死亡保険として有名な逓増定期保険ですが、使い方次第でメリットがあればデメリットもあります。保険の仕組みを理解した上で申し込みをしましょう。逓増定期保険は、解約時の返戻率が短期間で高率になるのが特徴です。退職金を貯める目的であれば、契約後の何年後に受け取るかしっかりと計画を立てましょう。

広告募集中